« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

2006年3月

2006/03/30

カフリンクス大好き!!

Pict0003 カフリンクスにはこだわりますね、っていうか、大好きですね。ちょっと買い物いっても、どこに行っても、これだけは気にしてみちゃいますね。そーいうときに掘り出し物、やばい!!!っていうのがあったりするのですよね。

女性が、マニキュアなどでお洒落ができるのがとってもうらやましく思っており、だから男子もこんな小物で楽しめるなら楽しまなきゃ、と思いますね。

最近は、あまり気にいったのがなく、ちょっとがっかり気味。だけど、たくさんある中で、やはり身につけるのは、ついついお気に入りを選んでしまいますよね。なるべくいろいろ身につけようとは思ってるのですがね。

ゆっくり、たっぷり見に行きたいですな。何かお勧め、お店があったら是非教えてください!!!!!

明日はどれにしようかな?

2006/03/29

マラソン10km

いま10km走ってきました。以前は、コンスタントに週2,3日、一回10km以上を走っていたのですが、最近は、なかなか走れなくて、ちょっとストレスを感じていました。最近は、時間がない、とか自分に言い訳をしたくなかったので、あえて時間をつくって、ここ数ヶ月週1以上走ってます。

こうコンスタントに走ってると、なかなかやめられなくなる、走ってないと逆に気になって走らずにはいられない、ようになって、これも病気ですね(笑)

あと、草レースにもよく出ていたのですが、最近はなかなか時間が合わなくて出れなくて。レースの雰囲気、たまらないんですよね。今年もシーズンは終わりですが、来シーズンは、何とか出たいですね、いやでます!

ホノルル、そして、もうちょいがんばって、以前やってたトライアスロンも復活させたいですね。

幸い、仲間も走ってるやつが増えてきたので、駅伝でも勝手に応募しちゃおうかな。

さあ、これから筋トレしよう、っと!!!

2006/03/26

Dream Of Love by TUBE

I-PODを聞いてて、突然懐かしく思って、思わず書きました。saruhが25ぐらいだったかな。

♪君の瞳にblue sky 見つけたよ sunshine ほらこんなにも胸が熱い

出会いはまるで 突然の風みたい この気持ち伝えたくて

離したくない ずっとずっと 痛いほど抱きしめたい 

雨が降って涙に濡れても 守りたいこの恋よ

切ない夜も もっともっと 二人なら越えられる

君と最後のファーストキッスを約束だよ 誓うよ Dream Of Love

幸せに someday たどりつく True Love

そう 君となら叶えられる

好きという気持ち 理由はいくつもある 大事にしよう 一つ一つ

涙も夢も ずっとずっと 一緒に分けあいたい

春が過ぎても 夏が過ぎても 変わらないこの愛は

つれない日々も もっともっと 寄り添い片寄せて

君と歩き始める明日に待ってるよ 輝く Dream Of Love♪

2006/03/25

Tシャツ大好き!!!

PICT0003 saruhはTシャツが大好きです。どこに行っても気になって買ってしまうため、クローゼットの中はTシャツであふれてます。好きなのは、白をベースにしたものが特に好きで、サイズもメンズならSサイズ、レディースのLサイズ、ピタっとしてないとだめですね。ダボっとしてるのは苦手ですね、なんか落ち着かなくて、パジャマ代わりに着るくらいですかね。今のお気に入り、このD&Gのヤツですかね。体にもジャストフィットだし、生地もよく、着心もヤバイです。

最近も、どこか行く度に探してはいるのですが、これっていうのがなくて。

もし、お勧めがあったら是非教えてください。

Tシャツが似合うように、もっともっと体、鍛えなきゃ!!!やばっ!!!

2006/03/22

WBC王JAPAN世界一!

20060321-04334795-jijp-spo-thum-001 ついにやりました!王JAPAN世界一!!!

本当にうれしいですね。韓国に2敗し、一時はどーなるかと思いましたが、逆にいろいろあったからこそ、苦難を乗り越えたからこそ、価値ある、そして本当にうれしさを感じれる優勝になりました。

王監督も本当にうれしかったでしょう。王監督は、世界のホームラン王、ということで知名度もあり、そういう意味では順風満帆、のイメージがあったのですが、実は、その逆で相当苦労をされてきました。

王監督は、中国人の父と日本人の母の間に生まれ、中学時代にその後の師匠となる荒川コーチにその才能を見い出され、早稲田実業に進学、その際本当は、都立の高校に進む予定だったが、落ちてしまって、早実にいったとのことです。もともと、右投げ右打ちだったが、左のほうが有利だ、との勧めでスイッチ、インターハイには中国籍のため出場できないとの屈辱もあったが、甲子園へ4回出場、高2の春の選抜では投手として優勝、その後ジャイアンツに投手として入団したが、その当時の水原監督に、投手ではだめだ、と宣告され、一塁手へ転向。打者としては、最初の3年間は、最悪で三振王、の汚名を被る。その際には、他球団とのトレード話もあったが、相手側チームが受け入れずに話は破談になったとか。その後、荒川コーチとの特訓で、一本足打法をマスターし、その後はいわずと知れた成績ですね。

監督時代でも、ジャイアンツ時代に、一度優勝したものの、成績不振でクビ、それ以後ジャイアンツにはもどらない一心で、ダイエーホークス(現ソフトバンク)の監督に。ただ、これも結構山あり谷あり。成績不振で、ファンからは生卵をぶつけられたり、など、こう振り返ると、かなりの苦労人ですよね。

そして、この世界一!

この背景でのこの世界一は、本当にうれしいでしょう。そして、saruhも一野球ファン、一ジャイアンツファン(かなり熱狂的ですよ)、一王監督ファンとして、うれしかったです。

これから、バッティングセンターにいって、打ちまくってこようかな(笑)

2006/03/20

WBC やっと勝った!日本

20060319-04330972-jijp-spo-view-001 3度目の正直、やっと宿敵韓国に勝ち、決勝進出。

前回の韓国戦は、途中から、日本が勝つ気がしませんでした。一人ひとりの実力、能力は、いわずと知れたすごいものがあるが、ぜんぜんかみ合っていない気がした。イチローがチームを引っ張り、それにつれてみんながそれにつられるように、刺激を受けながら、まとまってるかのように見えたが、いざ試合では、勝つことへの焦りからか、自分ひとりが決めてやる!かのように、打撃では、一発を狙うかのように大振り、守備ではエラー、これでは応援するほうもがっかりさせられるばかり。イチローがあれだけ悔しがるのもすごくわかった、同情した。しかし、アメリカのまさかの敗退により、何とか勝ち残り、今日の韓国戦。しかし、今日は違ってた。チーム一丸、って映りました。やはり前回の悔しさ、後悔、がそうさせたのでしょう。結果的には、前回の韓国戦敗退が良いほうに今回の勝ちにつながったのでしょう。ただ、ここで冷静に!試合はもうひとつ!ここで目標は達成、ではない。あたかも、達成したかの様な喜びぶり、コメント、だが、このままでは、決勝では負けてしまうのでは?安心してしまってる、ように思えてなりません。気持ちをさらに切り替えて、決勝で絶対に勝ってほしいです。

がんばれ、日本!!!

上原、ナイスピッチング!多村、さすがのファインプレー!!!

2006/03/14

3660 On The Rise

building 雰囲気がよく、だけど、かしこまり過ぎない、そんなフレンチレストランですね。

ワイキキからクルマで10分ぐらい、グルメ通り、ワイアラエAve.の3660番地にあるこのお店は、ハワイの素材を取り入れた、フランス料理との融合sashimiを図った、お店です。

絶対食べたいのは、定番メニューは、アヒ(マグロ)を海苔で巻き、衣をつけて揚げた"アヒカツ"。 また、醤油や味噌、日本酒、ポン酢、わさび、七味、ショウガ、ゆずなど日本人には馴染み深い調味料を隠し味的に使った料理も多く、なんか日本人の口に合うな、って感じです。saruhはやはりスイーツ!! 過去"ベスト・デザート"を受賞したスイーツ、これはかなりやばいですね!

PICT0050アペタイザーからサラダ、アントレ、デザートまで豊富に揃ったメニューは6~8週間程度で定期的に変わっていて、行く度に楽しみですね!

ワードセンターにあるグルメ・プレートランチの店「カカアコ・キッチン」はこの「3660 オン・ザ・ライズ」の姉妹ですよ。

短パン、Tシャツ、サンダルではだめですよ。ドレスコードありますよ、念のため。

2006/03/06

カピオラニコーヒーショップ

saruhは、ハワイに行くと、絶対行くのが、ここ。もういまでもすぐに行きたいぐらい、本当に行きたいです。

_63__1-thumbここは、H1を西に向かい、LIKE LIKE HWYの一個手前、20Bでおりてすぐの、カムボウル内。初めて行った時は、ボーリング場?こんなとこにあるの?と思ったが、なんてことはない普通の食堂?、でした。ちなみに、この店、前はハワイのコンベンションセンターあたりにあったそうですが、立ち退きでボーリング場の中に移転したそうです。

ボーリング場の入り口を入ると、もー香草の香りでいっぱい!もうたまりません!!

_63__5-thumb ここで有名なのは、もういわずと知れた、『オックステイルスープ』。これに、ライス2スクーブで$6,95。とにかく、あっさり風味のスープに香草がたっぷり。その中に牛のテイル肉が、これまたたーっぷり入っているスープがもうたまりません。テイルのだしが効いたスープは激ウマ!一度食べたら、病み付き!毎日食べたくなるくらいです。食べ方は、小皿にショウガを山盛りにします。そこへしょう油をバババーンとかけます。たっぷりと作るのがコツだそうです。でもって、骨付きのオックステールをこのタレに付けて食うだけです。オックステールは長時間煮込まれ口の中でとろけます。もー、やばい!の一言です!!

香草がだめな人も、『ノーパセリ』とオーダー時に言えばOK!。ただ、香草の香りもだめな人だときついかも。

あと、フライドライスもうまいですね!

パールシティにもお店があって、そっちのほうがボーリングの音がしない分、ゆっくり食事ができるらしい、saruhはボーリング場のほうが、意外で、好きですね!

今食べたい、やばいです。

たしかカムボウル内に、床屋もあったな、これまたおもしろ!!!

2006/03/04

スタイリッシュなめがねVOL2

PICT0002  まためがねを購入してしまいました。

というのも、すばらしくおしゃれなめがねを発見してしまったからです。これは、tractionというブランドで、フランスで130年以上もの伝統をもつ『ビィクトー・グロス』社のものです。このブランドは、素材の質感や鮮やかな色遣いと斬新で遊び心のあるデザインが特徴です。

PICT0004というのも、先日、めがねは購入したのですが、いまひとつ物足りず、もともと、グッズ、身につけるものにはこだわりを持っていたため、どうせなら、もっともっとsaruhらしく、そして、saruhらしさを引き出してくれるもの、を探していたのです。そこで、早速、代官山の知人のショップへ。ちなみに、このショップは、元ジャイアンツの定岡投手の弟さんのお店で、フランス、ベルギー、そして、国産ものなど、かなりおしゃれなものばかり取り揃えており、また、数種類のものを実際に試して、その画像をみて選べ、そして、定岡さんのストレートな意見、が特にsaruhお気にいりのお店、『Abalo』です。何種類かピックアップした中で、おしゃれで、一番saruhらしかったのが、これでした。めがね単体では、かなり派手なのですが、実際にすると、なぜかそこまで派手ではなく、むしろなじんでしまう、やはり、日本にはないデザイン性(フランス人ってすごい!!)ところにかなりひかれ、即、決めました。ちなみに、いいお値段ですよ!まあ、気に入ったものを永く愛用したいので、いい買い物ができましたよ!!!

どうでしょう?かなり洒落てますよね?

今度、実際のsaruhを見て、ご意見をくださいね!

今、めがねをしたくてしたくて、そして、もっともっといろんなめがねが欲しくなりました。

また、『Abalo』にいってきまぁーす!今回は定岡さんに感謝です!!!

2006/03/02

カーリングって面白い!

1618839914 カーリング、やってみたいですね。

今回のトリノオリンピックで、一躍有名、そして、注目された競技、やはりカーリングですね。

ルールもいたって簡単で、1チーム4人、一人2投で、2チームで全部で16投、その16投終わった時点で、もっとも円(ハウス)の中心に近いところにストーンのあるチームが勝ちです。氷の状況や相手の出方によって、作戦は刻々と変わります。自分たちの技量にあった最前手をみつけ、そこに向かってストーンを投げる。そのストーンをチームメイトが氷を掃いて(スウィープ)目的の場所まで持っていくというチームワークと精神力・体力のゲームなのです。奥が深いですね。日本には、カーリング専用の施設が十数箇所しかなく、今、やりたい、と思ってもすぐにはできない、これも競技人口に影響がでてますね。ちなみに、カーリング専用のリンクは、通常のスケート場と違い、表面がザラザラしています。これは、表面に氷のツブツブ、これをペブルといい、この上をストーンが滑っていきます。ブラシでスウィープすることによって、このペブルを少し溶かすことができます。このことによって薄い水の膜ができ、潤滑油の役目を果たして、ストーンの滑りがよくなります。スウィープにより3mくらいストーンの距離を調節できるそうです。(なるほどですね)

トリノオリンピックのあと、カーリングの体験講習、など、問い合わせが殺到してるらしく、今年の秋まで予約がいっぱいだとか。saruhもやりたいな。スウィープしまくりたいですね!!!

2006/03/01

リオのカーニバル

20060227-04289461-jijp-int-view-001死ぬまでに1回出てみたい!

あの興奮、そして踊り、リズム、TVで見てるだけでも、興奮してくる。

エネルギッシュに歌って踊って、観客も負けず劣らず一緒に踊り、そして、これが2日間も。すごく楽しそうです。あの光景は、実際にその場で味わって見たい、その一言です。

たまらないなぁ

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

最近のトラックバック